気軽に受けられる脳ドッグが欲しかった

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

今から38年前に、私の父は
49歳の時に脳出血で倒れました。

まだ若かったために、リハビリに家族は期待を
かけましたが、思うように行かず、
73歳で無くなる までの24年間を不自由なまま、
殆どを家の中で過 ごしたのでした。

そんな父を見て、健康の大切さを人一倍分かっていた母
でしたが、79歳の時に急に具合が悪くなりました。

やっと入院することになった時に、色々と検査をされま
したが、それもやっとの思い出こなしているのが、
私の目からもよくわかりました。

まだ見た目には病人という感じでは無かったために、
私は検査室の外に出されてしまい、ただ
待っていることしか出来ませんでした。

母に使ってあげたかった、オープン型MRI

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

特に、MRIは元気な時から、圧迫感と凄い金属音が
すると母は嫌っていたので、心配しました。

無事に検査が 終わった時には、ほっとすると
同時に、疲れきった母の
顔を見て、切ない気持ちになりました。

今になって、オープン型のMRIがあると知りました。

このオープン型で検査を受けることが出来れば、
だいぶ母の負担も軽かったのでは無いかと
思い、今少し残念です。

少なくとも圧迫感は無くしてあげられるからです。

そして付き添いが認められるのも、
私は良いことだと思いました。

少し認知症の症状が出始めていた、母をそばで励ます
ことが出来ただろうし、私自身も一人で待合室で不安
なまま待つよりも、一緒に検査室に入れた方が
余程良かったからです。

脳ドッグが家族を救う

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

父もずっと血圧が高いとお医者様には注意を
受けていたのですが、40代と若かったために、
真剣に受け止めていないようでした。

その頃に脳ドックが一般化していて、父も受ける機会が
あれば、あんなにひどい脳出血の発作を起こすことは
無かったのではないかと思うのです。

オープン型MRIの普及で、脳ドッグへのハードルが
グンと下がれば、救われる命や
生活が有るのではないでしょうか。

父が働けなくなってしまったので、私たち家族の生活は
ガラリと変わってしまいました。

生活の心配は無くても家族の病気は、
その他の家族の心を縛り付けると思います。

人間が歳を重ねて、衰えて人生が終わるのは仕方が
ないけれど、人生の途中で無理やり幕が
引かれないように、 脳ドッグを一人でも
多くの人が受けて欲しいです。

そのためにも、オープン型MRIが普及して、 誰でも
近所の病院で使えるようになって欲しいです。

CTも活躍!?脳ドックの画像検査は様々!!

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

脳ドックの必要性、脳も内臓と同じく幾ら
健康に見えても、中側は外から全く見えません。

なので脳もレントゲンで写真を撮り、早い段階で病変を
早期に発見できると治療も簡単、予後もいいです。

この脳の病気をより早く
診断するのが脳ドックになります。

この脳ドックは現在では保険適用外にはなりますが、
脳の状態をしっかり観察でき現状の把握ができるのです。

基本的に保険がきかない物ではありますが、脳の具合を
見るには脳ドックを受けるしか方法が無いのです。

脳梗塞や脳内出血を予防する
ために脳ドックに行きましょう。

思ったより早い!脳卒中は若くして発症のケース!?

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

近年では40才くらいに入ると脳の
異常を訴える方も少なくありません、

早い方では30代で脳に疾患を持つ方もいます。

原因は色々な要素が重なることがあり、高血圧からの
異状や食生活の濃い味と塩分の摂り過ぎと、
あとストレスからくる事もあります。

特に日本人で多いのは脳卒中ですね、この疾患は
脳ドックでお馴染の画像診断の得意分野にもなり、
機械の筒の中に横になり患者さんの頭をエックス線
が照射されることにより脳の検査ができるのです。

こちらは痛みは無痛で楽に横になっていれば終わります。

予防には脳ドックのみ!?そこにはCTも!?

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

この画像診断では脳出血、出血に関しては効力を発揮
する器機になり、くも膜下出血もその一つになり、
出血部位は白くはっきりと、写し出してくれます

早期発見の秘密兵器になりますね。

他にも脳梗塞がり血管の詰まりが代表になり画像診断
では、この血管の詰まりが黒く見えるのです。

脳梗塞は直ぐに発症しても、画像診断に写りにくい時が
あるので、少し時間を置いて又撮影します。

このエックス線画像診断では、脳梗塞と脳出血の症状を
早くスピーディーに探し出し早期治療に勤めることが可能です。

最近ではマルチスライスCT等の精度の高い機器が
存在するためMRIばかりが脳ドックで
使われるわけではありません。

発症すればすぐ医療機関!その前に脳ドックへ!!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

半身麻痺から呂律が回らない等の症状は、危険な脳から
のシグナルなので、その様な症状が出たときは躊躇
なしに、脳外科の診察を受けるようにしましょう。

もちろん普段から年1回の脳ドックの診察を受ける
ことにより診察から治療の予後も良くなる
確率も凄い高くなります。

数十年まえからCTの画像診断ができましたが、
近年のCT画像も研究が進みレベルも高く早期で
病変をキャッチします。

脳の検査器機では、この画像診断の御陰で
医学も進歩しこれからも期待できます。

MRIが主流になっている時代ですが
CTもレベルが高くなっているのです。

脳ドックへ行きたい方はコチラ↓
全国各地

安心できる生活を脳ドックで得よう!!

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

脳ドックは大事とよく聞きますが、やっぱり
いくのは面倒だし、つい忘れがちです。

でも、私が行くようになったきっかけをご紹介します。

★お父さんが大変

私の父は82歳、まだまだ足腰は元気です。

入院もしたことはありません。

ところが、一年前、ちょっと
ふらふらすると言い始めました。

はじめは気にしてなかった
のですが、ちょっと呂律もおかしい。

おかしいと思えばすぐに脳の検査へ!

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

そこで、近くの脳外科に行きました。

結果、脳溢血でした。

幸い軽く、服薬で治ると言われました。

よかった!それからは、気を付け、何か
あったらすぐに病院に行くようにしています。

三つの兆候ってよく言いますね。
F…顔がゆがんでいたら危ない
A…腕を前にだしてどちらかが下がるといけない
S…言葉のろれつがまわないといけない
T…そうなるとTELした方がいい。
と言いますよね。

自分はどうかは分からない!?

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

父と私は親子です。

今まで高血圧など言われたことはありません。

しかし、遺伝的な要素はあります。

私も50代になりました。

今は何もなくてもこれからは分かりません。

そこで、脳ドックをうけることにしました。

はたして、私の脳には隠れ脳梗塞といわれるものがありました。

知らない間に脳梗塞をおこし、そのまま治ったあとです。

知らなかった!!ちょっとショックでした。

そこで、これからはできれば毎年脳ドックをうけることにしました。

脳ドックは苦手だがオープン型なら平気!?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

MRIとかCTは大きなドームに入ります。

ところが、私のいった脳外科はそれがオープンな形です。

実は私は閉所恐怖です。

はじめてMRIにはいれと言われたとき、
ちょっと待って!!怖い!と止めてしまったのです。

一度平静にもどって、それは入りました。

しかし、毎回ちょっと嫌だなとは思っていました。
この病院のオープンMRIなら安心です。

MRIのあと、画像を見ながら先生が説明してくれます。

それも安心です。

自分の姿を自分で観察するのは変な気持ちですが、
とてもいいことのように思えます。

父の脳溢血が発端でするようになった脳ドックですが、
これからも続けていきたいと思っています。

介護に取り組む方必見!あなたが脳卒中予防!

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

介護を頑張っているあなたに受けてもらいたい脳ドック

介護‥それはいつまで続くかわからない
休みのない疲労感がありますよね。

ちゃんと休めていますか?

自分のための時間を作っていますか?

そんなあなたにぜひ受けてもらいたいものがあります。

それは脳ドックです。

介護をしていると、自分のことが
どうしてもおろそかになりがちです。

しかし、自分のことも大切にして欲しいからです。

あなたの頭の中に脳卒中の危険因子!?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

もしかすると知らないうちに未破裂の
脳動脈瘤ができているかもしれません。

介護をしている時に何かの拍子に破裂してしまったら‥、
考えるだけでも恐ろしいですよね。

脳の中の状態を観察する方法を
脳ドック以外に思いつきますか?

寝たきりを引き起こす脳卒中脳卒中は
寝たきりの原因第一位といわれています。

寝たきりの現状を一番よく知っているのは
あなたではないでしょうか?

寝たきりの本人も辛いですし、介護する
側にも負担が大きくなりますよね。

突如、発症する脳卒中!予防が最優先!?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

脳卒中は突然身に降りかかります。

実際は、突然には見えますが、もしかすると
脳卒中の前兆として、頭の中で無症候性の
脳出血や脳梗塞があったのかもしれません。

しかし、それは脳の状態を
観察してみないとわかりません。

もし、早い段階で症状が出ていない脳出血や脳梗塞が
発見できたら、早く対応できると思いませんか?

その病態を画像検査できるのはMRIが得意なのです。

発見するには脳ドックの受診が最適です。

あなたの未来は介護される側ですか?

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

あなたは今介護で大変な思いをしています。

しかし、あなたの未来を考えたことがありますか?

もし、今受けようか悩んでいる脳ドックを先延ばしに
していたら、あなたが脳卒中で倒れて介護が
必要になる未来が待っているかもしれません。

忙しいあなたでも1時間2万円台~の脳ドック
時間もお金も大事な時期なのはわかります。

しかし、脳ドックのプランを一度
ご覧になってみてください。

脳ドックが高いといっても相場や最安値は!?

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_s

検査時間が1時間~、検査費用が2万円台~
の脳ドックもあるのです。

たったの二万円以下の費用で受けられる脳ドック
であるならばあなたの経済的負担も少ないですね。

検査時間にかんしても、しっかりと探せば
もっと短い検査時間の脳ドックも存在するのです。

あなたの健康な未来はあなた自身で作りたいですよね。

そのためには脳ドックで予防です。

国民の死亡原因の第四位の脳疾患、
あなたも油断はできないはずです。

今すぐ脳ドックを探して
みたくなった方はコチラ↓

全国各地

どれだけ危険!脳卒中は甘くない!!

8febbac48c830a2b50f7479251176ab6_s

脳卒中に対して安心できる立場に誰も、
そしてあなたもいないのですよ。

なぜ、あなたは大丈夫と言い切れるのですか?

脳ドックとは健康な今こそ受けておくべき脳の検査なのです。

脳卒中は突然発症して絶命するか、
後遺症に苦しむのかどちらかなのです。

もしかしたら、あなたはすでに爆弾を
抱えているのかもしれません。

爆弾と例えたものが未破裂脳動脈瘤なら、いつ
爆発(破裂)して出血を起こすのか分からないのです。

未破裂脳動脈瘤なんていつ破裂して
出血するのか誰にもわからないのです。

あなたの脳卒中の危険度チェック!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳卒中の危険因子をご存知ですか?

1、年齢が40歳以上である        2、中性脂肪値が高い

3、喫煙者・お酒を飲むのが好き     4、高血圧である

5、肥満である                6、慢性的頭痛がある

7、糖尿病を患っている           8、家族に脳卒中を起こした人がいる

9、コレステロールが高い               10、物忘れが多い

11、ストレスを感じやすい               12、不整脈がある

上記のものなどが代表的にあげられます。

脳卒中のリスクに該当したらどうすれば!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

あなたは上記の脳卒中の危険因子に
いくつチェック項目がありましたか?

当てはまる項目がある方は脳ドックで脳卒中の
前兆の有無を調べることができます。

脳卒中を疑べき症状のポイントはあなたは片側の顔面や
手足が痺れる、動きにくい、呂律が回りにくくなった、
または周囲から呂律が回っていないと指摘されるように
なった、言葉が出にくい、近頃物の見え方が二重に
見えたり欠けたりする、頭痛が続くといった
症状に覚えはありませんか?

一つでも当てはまる方は脳卒中の前兆かも知れません。

麻痺や言語障害、見当識障害といった後遺症を
残さないためにも、脳の病気を早期に発見できる
脳ドックを1年に1回受けることをお勧めします。

脳ドックでの脳検査はそんなに面倒ではない!?

m030575

脳ドックは医療機関によって検査時間が異なって
きますが、そんなに時間がかかるものではありません。

脳ドックの検査時間は平均で2時間程度でしょうか?

探せば1時間未満の検査で終了するところもあるのです。

たかが、2時間程度の検査で脳の病気が
予防できるのなら行かない方が損なのです。

なぜなら脳卒中を発症したらその後の
後遺症は永遠に続くかもしれないからです。

永遠に続く後遺症とたったの2時間の脳ドック!!

あなたはどちらを選びたいのでしょうか?

脳ドックで脳の検査を受けたくなった方はコチラ↓
全国各地

油断しない!頭の病気は脳検査の脳ドックで!!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

健康体である今だからこそ数時間という
短い期間で脳の病気を防ぐべきなのです。

あなたは知っていますか?

現在、日本人第四位の死亡原因が脳卒中だということ!

脳卒中は前兆なく突然倒れることもあるのです。

脳の中の状態としては脳血管障害が
すでに存在している可能性が高いのです。

未破裂脳動脈瘤や無症候性脳梗塞を
いち早く見つけ予防に努めるべきなのです。

脳ドックでは脳腫瘍、脳萎縮まで
見つけることのできる施設もあるのです。

優先事項は後遺障害を回避!?その為には脳ドックへ

c94dc97504f7e3ba351fe8b4f92bc41d_s
脳卒中の中でも死亡率が高いのが脳出血(脳溢血)
であり、20~30%位だと言われており
くも膜下出血は50%に達すると言われています。

後遺症としては身体障害の片麻痺が有名ですが、
これを回避するだけではなく発症時の
絶命を避けるようにしないといけません。

発症して救命できれば再発に努めることが大事ですが、
絶命や後遺障害を防ぐためにも是非脳ドックへ行って
MRIなどの画像検査を受けてください。

40歳を超えてくると動脈硬化が進んでいる
傾向があるので更に予防に努めたいですね。

後遺症はあなただけの問題ではなく、あなたの家族
など、介助してくれる方も大変な労力になって
きますので、そうならないように予防に努めましょう。

狭いところが苦手!費用が高い!心配ありません

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s
閉所恐怖症で狭い空間でパニック症を
起こしたことがある方、やはり
過去のトラウマがMRIに入るのを邪魔しますね。

しかし、閉所恐怖症の方でも大丈夫なMRIがあります。

その名はオープンMRIで閉所恐怖症の強い味方です。

料金に関しては医療機器を使用しての検査に
なりますからどうしても高くなります。

CTとMRIの違いはコントラストがMRIが
優れているため脳ドックではMRIを使用する
傾向がありますがいずれにしろ値段は高くなります。

しかし、2万円以下で受けられるような料金の
安い脳ドックも存在するためそのような
医療機関を選択すればよいでしょう。

脳ドックで高次脳機能障害のリスクを減らせます!

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血を起こした場合、
幸いにして一命を取り留めたとしても
後遺症が残る可能性が高いのです。

たったわずか40分の脳ドックを無視しただけで
生涯にわたって障害が残る、
その可能性は誰にしも秘めています。

誰にだってその原因になる動脈硬化の
可能性は高いですからね。

そして後遺症の苦労としては麻痺による
リハビリだけではなく高次機能障害も
大きな要因となってくるのです。

脳卒中の後遺症!高次脳機能障害って何?

06ed636cf0c091c486ee9c9a22b4571b_s

脳卒中の後遺症としてたいていの場合、
麻痺が出ることと思っていませんか?

高次脳機能障害という言葉を
お聞きになったことはありますか?

高次脳機能障害とは脳が何らかの原因で
損傷された時に言語・思考・行為・学習・注意等に
障害が起きた状態です。

交通事故等の外傷によって脳に損傷を受けた場合や
脳卒中、脳腫瘍、脳炎、低酸素脳症等によって
高次脳機能障害になることがあります。

これらの原因のうち最も多いのが脳卒中です。

その脳卒中は脳ドックでないと予防できません。

高次脳機能障害はとても大変!!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

高次脳機能障害の症状は多岐にわたります。

脳が損傷される部位によって症状は異なりますが
注意障害、記憶障害、失語識障害、見当識障害、
失行識障害等があります。

注意障害は注意機能が低下したり、
集中力の低下があります。

記憶障害は新しいことが覚えられなくなったり、過去の
記憶が思い出せないといった症状があります。

失語識障害では読む、話す、書く、聞くといったことが
障害されコミュニケーションに支障をきたします。

見ためで分かりにくい高次機能障害

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

その他の症状として、見当識障害とは時間や場所、
人といった内容がわからなくなる障害です。

失行識障害は指示された内容が理解でき、
身体能力問題がないにもかかわらず指示内容が
実行できなくなるといった障害です。

これらの障害は麻痺といった見た目から
すぐにわかる障害と違い、周囲にすぐに
わかってもらいにくい障害です。

また、体は元気なのに、日常生活行動や
コミュニケーションに支障が出るため、
家族との生活や仕事に大きな影響を与えます。

高次機能障害を防ぐ一番の方法!

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

脳ドックで脳卒中による高次脳機能障害を防ぐ食事や
運動、喫煙、飲酒にいくら気をつけて生活していても、
加齢やストレス等様々な目に見えない要因が日常生活を
送っている中で知らず知らずのうちに積み重なってきます。

そして体のいろいろな所に負担となり
ある日突然、または少しずつ病気が発症します。

脳卒中もそのうちの一つなので脳ドックを
受けてご自身の体をいたわりませんか?

脳卒中を未然に防ぐことで、高次脳機能障害
につながるリスクを減らせます。

高次脳機能障害のリスクを
今すぐ減らしたい方はこちら↓

全国各地

あなたにも脳卒中の関与は否定できないのですよ!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

わずか数十分の脳ドックを受けるだけで
あなたは今後の不安を解消できるのです。

脳の病気は恐ろしいものです。

一命を取り留めても後遺症が出て、リハビリに
苦労をしたり家族に迷惑をかけたりします。

今、何の異常がないと思っても、何の症状が無くても病魔
は知らないところで進行している可能性があります。

わずかな検査時間をおろそかにして脳の
病気にかかる方を選ぶ方は少ないでしょうね。

脳卒中が気になる方は今すぐに
脳ドックに行くのをお勧めします。

本当に脳に異状がないと思っていますか!?

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

たまたまMRIによる検査を受けた方で、
無症候性脳梗塞が発見される方がいらっしゃいます。

大脳には比較的このような無症候性脳梗塞が
起きやすく、50歳以上の方の二割の方に
発見されると言われています。

この無症候性脳梗塞が発見されたら、脳梗塞に
なりやすいというデータが存在するのです。

ましてや、高血圧、脂質代謝異常、糖尿病の
ある方はさらにリスクが高くなるのです。

今のうちに無症候性脳梗塞を発見しておいて
薬物療法などで予防に努めると良いのです。

脳の病気の発見にはMRIを用いるしかない!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳卒中を発見をするには脳ドックに行くしかないのです。

普段、体調が悪くならないと病院に
行かれない方は多いと思います。

だから「脳卒中の症状が出てから病院に行けばいい」
なんて考えている方は脳卒中の危険性が分かっていません。

急性期を迎えて即死するリスクだってあるのです。

脳梗塞や脳出血で仮に助かったとしても生涯に
わたるリハビリが待っていることが多いのです。

リハビリや死亡のリスクを今すぐ回避したい方はこちら↓
全国各地

もしあなたの頭の中の動脈瘤が破裂したら‥

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

くも膜下出血の原因第一位は
何かお分かりでしょうか?

くも膜下出血の原因として最も
多いのが脳動脈瘤の破裂です。

脳内の動脈の分かれ道に血流や
血圧の負荷が血管にかかり瘤が出来ます。

その瘤は薄く非常に弱い状態です。

何らかの原因で瘤が破れて
くも膜下腔に大出血を起こします。

その症状大丈夫?それってくも膜下出血の前兆?

e9589edcac97a392e64c47a1d68ea113_s

くも膜下出血を起こした人の半数以上は
何の前触れもないと言われています。

しかし、前兆があった方には発症数日前からの血圧の
乱高下、頭痛、めまい、吐き気、物が二重に
見えるといった見え方の異常等があります。

もしこれらの症状があった場合、
くも膜下出血の前兆と思えますか?

これらの症状は疲れているからなのかなと
忙しさに流され見落とされがちです。

まさか自分の頭の中の動脈瘤が原因とは思いません。

脳ドックでしか脳内や脳の血管の状態を確認できません。

血圧の変化、頭痛、めまい、吐き気、ものが二重に見える
といった症状の方は脳ドックで脳動脈瘤がないか
確認するのがくも膜下出血を予防する一つの方法といえます。

あなたはくも膜下出血の症状に耐えられますか?

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

多くは後頭部をハンマーで殴られたような今まで経験
したことがないような激しい痛みと表現されます。

その他にも吐き気や嘔吐、頭痛の後に
意識障害が起こることがあります。

出血の程度によっては軽症ですむこともありますが、
重症の場合は死亡するケースもあります。

脳ドックで脳動脈瘤がないか検査をするのが
くも膜下出血を予防する唯一の方法といえます。

くも膜下出血の後遺症‥脳ドックで防げるかもしれません

c94dc97504f7e3ba351fe8b4f92bc41d_s

くも膜下出血で一命を取りとめた
としても後遺症が残る場合があります。

くも膜下出血の後遺症として、半身麻痺や片麻痺
といった運動障害、上手に物を飲み込めなくなる
嚥下障害、聞く・読む・話す・書くといった言語障害、
痺れといった感覚障害があります。

その他にも人格が変わったり、視野の半分が
見えなくなるような視野障害等があります。

今の体の状態と比べてどうでしょうか?

早期に脳ドックを受けて一度脳の
状態を調べてみたい方はこちら↓
全国各地

将来脳卒中になりますか?それとも脳ドックで防ぎますか?

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

たった10項目程度、40分で未来の脳卒中を防げます!

脳ドックの健診項目には一般的に問診、診察、
頭部CT、MRI、MRA、頚動脈エコー、心電図、
尿検査、血液検査、動脈硬化検査があります。

これらの項目を受ける所要時間は内容にもよりますが、
簡単なものだと40分~詳しく調べると3時間です。

脳ドックに費やすこれだけの健診項目、
時間で将来脳卒中になって
つらいリハビリに費やす時間をなくせます。

まだ間に合う!脳卒中の急性期が出る前に‥

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳の病気の発症は突然です。

脳卒中で命を落としたり、言葉や手足の運動機能に麻痺
を残すといった重い後遺症を残す場合があります。

脳卒中急性期を迎え後遺症が残った場合、残りの人生は
後遺症とともに過ごさなければなりません。

そうならないためにも脳の異常を
早期発見する必要があります。

それには脳の状態を詳しく検査できる脳ドックが有効です。

脳ドックでは自覚症状が出ない時から
脳卒中につながる病気を見つけられます。

あなたに潜んでいる脳の状態をいち早く知ろう

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

無症候性脳出血
脳の中の血管が破れて脳内に出血した状態です。小さな出血の場合自覚症状がないことがあります。将来の脳卒中につながる可能性があります。

無症候性脳梗塞
脳の血管がつまり、脳細胞が死んでしまった状態のことです。自覚症状がない場合を無症候性脳梗塞といいます。無症候性脳梗塞は将来脳卒中に成るリスクが高いといわれています。

脳動脈瘤
脳の動脈の一部が膨れて瘤のようになっている状態です。脳の中の動脈の分かれ道に血液の流れや血圧の負荷がかかってできるとされています。瘤が破裂するとくも膜下出血となります。

無症候性脳出血や無症候性脳梗塞、未破裂脳動脈瘤は
脳ドックでしか見つけられないのです。

脳ドックは脳梗塞、脳出血の以外の危険因子も発見!?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳腫瘍
頭蓋内の内側に出来る腫瘍です。良性のものや悪性のものがあります。出来る場所によっても様々です。いずれにしても早期発見が重要です。

頚部動脈狭窄
脳に血液を供給している血管が動脈硬化などの原因で狭くなっている状態を言います。この状態を放置しておくと脳の血流が減ったり、脳の血管が詰まる脳梗塞の原因になります。

脳動静脈奇形
脳の中の動脈と静脈が毛細血管を介さずに直接つながっている先天性の病気です。動脈の圧が直接静脈に伝わるため脳出血を起こしやすくなります。
これらの病気は脳ドックを受けなければ発見できません。自覚症状が出てからでは遅いのです。

自覚症状が出る前に脳ドックを受けたい方は↓
全国各地