気軽に受けられる脳ドッグが欲しかった

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

今から38年前に、私の父は
49歳の時に脳出血で倒れました。

まだ若かったために、リハビリに家族は期待を
かけましたが、思うように行かず、
73歳で無くなる までの24年間を不自由なまま、
殆どを家の中で過 ごしたのでした。

そんな父を見て、健康の大切さを人一倍分かっていた母
でしたが、79歳の時に急に具合が悪くなりました。

やっと入院することになった時に、色々と検査をされま
したが、それもやっとの思い出こなしているのが、
私の目からもよくわかりました。

まだ見た目には病人という感じでは無かったために、
私は検査室の外に出されてしまい、ただ
待っていることしか出来ませんでした。

母に使ってあげたかった、オープン型MRI

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

特に、MRIは元気な時から、圧迫感と凄い金属音が
すると母は嫌っていたので、心配しました。

無事に検査が 終わった時には、ほっとすると
同時に、疲れきった母の
顔を見て、切ない気持ちになりました。

今になって、オープン型のMRIがあると知りました。

このオープン型で検査を受けることが出来れば、
だいぶ母の負担も軽かったのでは無いかと
思い、今少し残念です。

少なくとも圧迫感は無くしてあげられるからです。

そして付き添いが認められるのも、
私は良いことだと思いました。

少し認知症の症状が出始めていた、母をそばで励ます
ことが出来ただろうし、私自身も一人で待合室で不安
なまま待つよりも、一緒に検査室に入れた方が
余程良かったからです。

脳ドッグが家族を救う

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

父もずっと血圧が高いとお医者様には注意を
受けていたのですが、40代と若かったために、
真剣に受け止めていないようでした。

その頃に脳ドックが一般化していて、父も受ける機会が
あれば、あんなにひどい脳出血の発作を起こすことは
無かったのではないかと思うのです。

オープン型MRIの普及で、脳ドッグへのハードルが
グンと下がれば、救われる命や
生活が有るのではないでしょうか。

父が働けなくなってしまったので、私たち家族の生活は
ガラリと変わってしまいました。

生活の心配は無くても家族の病気は、
その他の家族の心を縛り付けると思います。

人間が歳を重ねて、衰えて人生が終わるのは仕方が
ないけれど、人生の途中で無理やり幕が
引かれないように、 脳ドッグを一人でも
多くの人が受けて欲しいです。

そのためにも、オープン型MRIが普及して、 誰でも
近所の病院で使えるようになって欲しいです。

安心できる生活を脳ドックで得よう!!

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

脳ドックは大事とよく聞きますが、やっぱり
いくのは面倒だし、つい忘れがちです。

でも、私が行くようになったきっかけをご紹介します。

★お父さんが大変

私の父は82歳、まだまだ足腰は元気です。

入院もしたことはありません。

ところが、一年前、ちょっと
ふらふらすると言い始めました。

はじめは気にしてなかった
のですが、ちょっと呂律もおかしい。

おかしいと思えばすぐに脳の検査へ!

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

そこで、近くの脳外科に行きました。

結果、脳溢血でした。

幸い軽く、服薬で治ると言われました。

よかった!それからは、気を付け、何か
あったらすぐに病院に行くようにしています。

三つの兆候ってよく言いますね。
F…顔がゆがんでいたら危ない
A…腕を前にだしてどちらかが下がるといけない
S…言葉のろれつがまわないといけない
T…そうなるとTELした方がいい。
と言いますよね。

自分はどうかは分からない!?

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

父と私は親子です。

今まで高血圧など言われたことはありません。

しかし、遺伝的な要素はあります。

私も50代になりました。

今は何もなくてもこれからは分かりません。

そこで、脳ドックをうけることにしました。

はたして、私の脳には隠れ脳梗塞といわれるものがありました。

知らない間に脳梗塞をおこし、そのまま治ったあとです。

知らなかった!!ちょっとショックでした。

そこで、これからはできれば毎年脳ドックをうけることにしました。

脳ドックは苦手だがオープン型なら平気!?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

MRIとかCTは大きなドームに入ります。

ところが、私のいった脳外科はそれがオープンな形です。

実は私は閉所恐怖です。

はじめてMRIにはいれと言われたとき、
ちょっと待って!!怖い!と止めてしまったのです。

一度平静にもどって、それは入りました。

しかし、毎回ちょっと嫌だなとは思っていました。
この病院のオープンMRIなら安心です。

MRIのあと、画像を見ながら先生が説明してくれます。

それも安心です。

自分の姿を自分で観察するのは変な気持ちですが、
とてもいいことのように思えます。

父の脳溢血が発端でするようになった脳ドックですが、
これからも続けていきたいと思っています。