脳ドックで高次脳機能障害のリスクを減らせます!

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血を起こした場合、
幸いにして一命を取り留めたとしても
後遺症が残る可能性が高いのです。

たったわずか40分の脳ドックを無視しただけで
生涯にわたって障害が残る、
その可能性は誰にしも秘めています。

誰にだってその原因になる動脈硬化の
可能性は高いですからね。

そして後遺症の苦労としては麻痺による
リハビリだけではなく高次機能障害も
大きな要因となってくるのです。

脳卒中の後遺症!高次脳機能障害って何?

06ed636cf0c091c486ee9c9a22b4571b_s

脳卒中の後遺症としてたいていの場合、
麻痺が出ることと思っていませんか?

高次脳機能障害という言葉を
お聞きになったことはありますか?

高次脳機能障害とは脳が何らかの原因で
損傷された時に言語・思考・行為・学習・注意等に
障害が起きた状態です。

交通事故等の外傷によって脳に損傷を受けた場合や
脳卒中、脳腫瘍、脳炎、低酸素脳症等によって
高次脳機能障害になることがあります。

これらの原因のうち最も多いのが脳卒中です。

その脳卒中は脳ドックでないと予防できません。

高次脳機能障害はとても大変!!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

高次脳機能障害の症状は多岐にわたります。

脳が損傷される部位によって症状は異なりますが
注意障害、記憶障害、失語識障害、見当識障害、
失行識障害等があります。

注意障害は注意機能が低下したり、
集中力の低下があります。

記憶障害は新しいことが覚えられなくなったり、過去の
記憶が思い出せないといった症状があります。

失語識障害では読む、話す、書く、聞くといったことが
障害されコミュニケーションに支障をきたします。

見ためで分かりにくい高次機能障害

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

その他の症状として、見当識障害とは時間や場所、
人といった内容がわからなくなる障害です。

失行識障害は指示された内容が理解でき、
身体能力問題がないにもかかわらず指示内容が
実行できなくなるといった障害です。

これらの障害は麻痺といった見た目から
すぐにわかる障害と違い、周囲にすぐに
わかってもらいにくい障害です。

また、体は元気なのに、日常生活行動や
コミュニケーションに支障が出るため、
家族との生活や仕事に大きな影響を与えます。

高次機能障害を防ぐ一番の方法!

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

脳ドックで脳卒中による高次脳機能障害を防ぐ食事や
運動、喫煙、飲酒にいくら気をつけて生活していても、
加齢やストレス等様々な目に見えない要因が日常生活を
送っている中で知らず知らずのうちに積み重なってきます。

そして体のいろいろな所に負担となり
ある日突然、または少しずつ病気が発症します。

脳卒中もそのうちの一つなので脳ドックを
受けてご自身の体をいたわりませんか?

脳卒中を未然に防ぐことで、高次脳機能障害
につながるリスクを減らせます。

高次脳機能障害のリスクを
今すぐ減らしたい方はこちら↓

全国各地