CTも活躍!?脳ドックの画像検査は様々!!

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

脳ドックの必要性、脳も内臓と同じく幾ら
健康に見えても、中側は外から全く見えません。

なので脳もレントゲンで写真を撮り、早い段階で病変を
早期に発見できると治療も簡単、予後もいいです。

この脳の病気をより早く
診断するのが脳ドックになります。

この脳ドックは現在では保険適用外にはなりますが、
脳の状態をしっかり観察でき現状の把握ができるのです。

基本的に保険がきかない物ではありますが、脳の具合を
見るには脳ドックを受けるしか方法が無いのです。

脳梗塞や脳内出血を予防する
ために脳ドックに行きましょう。

思ったより早い!脳卒中は若くして発症のケース!?

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

近年では40才くらいに入ると脳の
異常を訴える方も少なくありません、

早い方では30代で脳に疾患を持つ方もいます。

原因は色々な要素が重なることがあり、高血圧からの
異状や食生活の濃い味と塩分の摂り過ぎと、
あとストレスからくる事もあります。

特に日本人で多いのは脳卒中ですね、この疾患は
脳ドックでお馴染の画像診断の得意分野にもなり、
機械の筒の中に横になり患者さんの頭をエックス線
が照射されることにより脳の検査ができるのです。

こちらは痛みは無痛で楽に横になっていれば終わります。

予防には脳ドックのみ!?そこにはCTも!?

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

この画像診断では脳出血、出血に関しては効力を発揮
する器機になり、くも膜下出血もその一つになり、
出血部位は白くはっきりと、写し出してくれます

早期発見の秘密兵器になりますね。

他にも脳梗塞がり血管の詰まりが代表になり画像診断
では、この血管の詰まりが黒く見えるのです。

脳梗塞は直ぐに発症しても、画像診断に写りにくい時が
あるので、少し時間を置いて又撮影します。

このエックス線画像診断では、脳梗塞と脳出血の症状を
早くスピーディーに探し出し早期治療に勤めることが可能です。

最近ではマルチスライスCT等の精度の高い機器が
存在するためMRIばかりが脳ドックで
使われるわけではありません。

発症すればすぐ医療機関!その前に脳ドックへ!!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

半身麻痺から呂律が回らない等の症状は、危険な脳から
のシグナルなので、その様な症状が出たときは躊躇
なしに、脳外科の診察を受けるようにしましょう。

もちろん普段から年1回の脳ドックの診察を受ける
ことにより診察から治療の予後も良くなる
確率も凄い高くなります。

数十年まえからCTの画像診断ができましたが、
近年のCT画像も研究が進みレベルも高く早期で
病変をキャッチします。

脳の検査器機では、この画像診断の御陰で
医学も進歩しこれからも期待できます。

MRIが主流になっている時代ですが
CTもレベルが高くなっているのです。

脳ドックへ行きたい方はコチラ↓
全国各地

コメントを残す