気軽に受けられる脳ドッグが欲しかった

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s

今から38年前に、私の父は
49歳の時に脳出血で倒れました。

まだ若かったために、リハビリに家族は期待を
かけましたが、思うように行かず、
73歳で無くなる までの24年間を不自由なまま、
殆どを家の中で過 ごしたのでした。

そんな父を見て、健康の大切さを人一倍分かっていた母
でしたが、79歳の時に急に具合が悪くなりました。

やっと入院することになった時に、色々と検査をされま
したが、それもやっとの思い出こなしているのが、
私の目からもよくわかりました。

まだ見た目には病人という感じでは無かったために、
私は検査室の外に出されてしまい、ただ
待っていることしか出来ませんでした。

母に使ってあげたかった、オープン型MRI

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

特に、MRIは元気な時から、圧迫感と凄い金属音が
すると母は嫌っていたので、心配しました。

無事に検査が 終わった時には、ほっとすると
同時に、疲れきった母の
顔を見て、切ない気持ちになりました。

今になって、オープン型のMRIがあると知りました。

このオープン型で検査を受けることが出来れば、
だいぶ母の負担も軽かったのでは無いかと
思い、今少し残念です。

少なくとも圧迫感は無くしてあげられるからです。

そして付き添いが認められるのも、
私は良いことだと思いました。

少し認知症の症状が出始めていた、母をそばで励ます
ことが出来ただろうし、私自身も一人で待合室で不安
なまま待つよりも、一緒に検査室に入れた方が
余程良かったからです。

脳ドッグが家族を救う

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

父もずっと血圧が高いとお医者様には注意を
受けていたのですが、40代と若かったために、
真剣に受け止めていないようでした。

その頃に脳ドックが一般化していて、父も受ける機会が
あれば、あんなにひどい脳出血の発作を起こすことは
無かったのではないかと思うのです。

オープン型MRIの普及で、脳ドッグへのハードルが
グンと下がれば、救われる命や
生活が有るのではないでしょうか。

父が働けなくなってしまったので、私たち家族の生活は
ガラリと変わってしまいました。

生活の心配は無くても家族の病気は、
その他の家族の心を縛り付けると思います。

人間が歳を重ねて、衰えて人生が終わるのは仕方が
ないけれど、人生の途中で無理やり幕が
引かれないように、 脳ドッグを一人でも
多くの人が受けて欲しいです。

そのためにも、オープン型MRIが普及して、 誰でも
近所の病院で使えるようになって欲しいです。

コメントを残す