どれだけ危険!脳卒中は甘くない!!

8febbac48c830a2b50f7479251176ab6_s

脳卒中に対して安心できる立場に誰も、
そしてあなたもいないのですよ。

なぜ、あなたは大丈夫と言い切れるのですか?

脳ドックとは健康な今こそ受けておくべき脳の検査なのです。

脳卒中は突然発症して絶命するか、
後遺症に苦しむのかどちらかなのです。

もしかしたら、あなたはすでに爆弾を
抱えているのかもしれません。

爆弾と例えたものが未破裂脳動脈瘤なら、いつ
爆発(破裂)して出血を起こすのか分からないのです。

未破裂脳動脈瘤なんていつ破裂して
出血するのか誰にもわからないのです。

あなたの脳卒中の危険度チェック!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳卒中の危険因子をご存知ですか?

1、年齢が40歳以上である        2、中性脂肪値が高い

3、喫煙者・お酒を飲むのが好き     4、高血圧である

5、肥満である                6、慢性的頭痛がある

7、糖尿病を患っている           8、家族に脳卒中を起こした人がいる

9、コレステロールが高い               10、物忘れが多い

11、ストレスを感じやすい               12、不整脈がある

上記のものなどが代表的にあげられます。

脳卒中のリスクに該当したらどうすれば!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

あなたは上記の脳卒中の危険因子に
いくつチェック項目がありましたか?

当てはまる項目がある方は脳ドックで脳卒中の
前兆の有無を調べることができます。

脳卒中を疑べき症状のポイントはあなたは片側の顔面や
手足が痺れる、動きにくい、呂律が回りにくくなった、
または周囲から呂律が回っていないと指摘されるように
なった、言葉が出にくい、近頃物の見え方が二重に
見えたり欠けたりする、頭痛が続くといった
症状に覚えはありませんか?

一つでも当てはまる方は脳卒中の前兆かも知れません。

麻痺や言語障害、見当識障害といった後遺症を
残さないためにも、脳の病気を早期に発見できる
脳ドックを1年に1回受けることをお勧めします。

脳ドックでの脳検査はそんなに面倒ではない!?

m030575

脳ドックは医療機関によって検査時間が異なって
きますが、そんなに時間がかかるものではありません。

脳ドックの検査時間は平均で2時間程度でしょうか?

探せば1時間未満の検査で終了するところもあるのです。

たかが、2時間程度の検査で脳の病気が
予防できるのなら行かない方が損なのです。

なぜなら脳卒中を発症したらその後の
後遺症は永遠に続くかもしれないからです。

永遠に続く後遺症とたったの2時間の脳ドック!!

あなたはどちらを選びたいのでしょうか?

脳ドックで脳の検査を受けたくなった方はコチラ↓
全国各地

コメントを残す